最近、Windows7でのWindows Update不具合がひどい



最近、社内のWindows7端末でのWindows Updateによる不具合がひどいです。Updateが走るたびに、社内の数台の端末が再起動ループに陥ったり、通常起動できずにセーフモードでの軌道を余儀なくされたり(一度セーフモードで立ち上げて、通常起動すると収まるらしい)。





Windows7の期限はまだあと2年あるというのに、なんでこんなに不具合が多いのか。暗にWindows10への移行を促しているんじゃないの?と勘ぐってしまいます。

社内の端末は、HPとDELLがほとんどを占めています。なので、両社のサポートに電話して問い合わせているのですが、良い解決策を教えてもらえません。不具合が起こる更新プログラムを削除するか、復元を行う方法を教えられるのですが、結局アップデートのたびにダウンロードが行われ、また不具合が起こるという繰り返し。

それをサポートに言うと、アップデートの自動更新をストップする方法を教えられるのですが、あと2年もあるのにずっと自動更新を止めるのは不安です。

Windows10にすると、アップデートの通信容量で社内ネットワークがパンクするという事例もあるということで、一気にWindows10に移行するのも怖いです。

かつてのWindowsXPのサポート切れの悪夢が、また起こるのでしょうか?やれやれです。


コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

社内SEになって後悔しがちな3つのこと