i-Construction用として建設コンサルタントで購入するドローンを選んでみる



選んでみる


さて、ドローン担当になったので、購入するドローンを選ぶことになりました。どんなドローンがいいのか?手ごろなやつをピックアップしてみました。





候補No.1 DJI Phantom4 pro




最近発売された機種。ドローンで一番メジャーともいえるファントムシリーズの最新機種。最初の一台としてはファントムシリーズがいいと思っています。すべて一体化されているので管理も楽そうだし、軽量コンパクトで持ち運びも楽そうです。

欠点としては、一体化されているだけに拡張性には優れていないという点。


候補No.2 DJI Phantom3か4




第一候補のPhantom4 proですが価格は20万円以上します。最初の一台にこんなにかける必要もないかという気がしていて、一世代前のファントム4かファントム3でもいいかなとも思います。

確かに最新機種のほうが性能はいいのですが、旧機種もそれなりの性能ですし、なによりも壊したり墜落させるかもしれないので、最初の一台は旧バージョンっていう手もありますね。


候補No.3 DJI Inspire2




上はインスパイア1。2はまだ売っていない。

こちらはPhantom4 proと同時に発売された上位機。ファントムは一体型ですが、インスパイアはドローン本体とカメラが分離されています。その分扱いが難しかったり、いろいろと買うものが多かったりと上級者向けですが、拡張性には優れている模様。


購入のポイントは?

単に趣味で買うのであればそれほど迷いませんが、会社で仕事として使うのであれば、いろいろと検討しなければいけませんね。


検討のポイントはどんなところにあるのでしょうか?詳しい人に聞いてみると、以下のようなことが挙げられました。


  1. ドローンの用途としては、まず航空写真を撮ることが挙げられ、航空写真をつなぎあわせて一つの写真にするオルソ画像作成という使用方法がある。
  2. オルソ画像のほかに、SfMといわれる写真から3次元データ(点群データ)を作成する手法を利用した3次元化処理にドローンが使われている。
  3. このような使い方を考えた場合、重要なのが地上解像度という考え方。カメラの解像度とドローンの撮影飛行高度、レンズによって計算される値で、i-Construction基準の測量では数値が決まっている。
  4. 最初のステップとしてどこまでやるかというはなし。いきなり測量レベルというのは難しいので、まずはファントムなどで飛ばして撮る経験を積んだのち、機種をステップアップするのもいいのではないか。という話。
  5. 高い機種を買うよりも、安価な機種を買ってすぐ切れるバッテリーをたくさん買ってみてはというアドバイスもありました。


なるほど。確かに知識も経験もないのに、いきなり上位機種は厳しいかなという感じがしてきました。まずはファントムあたりを購入したほうが良いということを上司に言ってみることにします。




コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

社内SEになって後悔しがちな3つのこと