「CIM」「i-Construction」ってなんじゃい!?



なぜドローンを使うのだろう?


SEっていう理由だけでドローン担当となった私。まず建設コンサルタントがなぜドローンを使わなければいけないのか、使うとどんな良いことがあるのかについて調べてみました。

ドローンっていうと、Amazonが無人飛行で商品を届けようとしているとか、災害時に使用するといったイメージしかなかったのですが、建設・土木分野でホットな話題となっていることを知りました。

最近、建設・土木分野のバズワード?でよく聞くのが、「CIM」と「i-Construction」です。それぞれの意味を調べると、以下のように説明されていました。



調べてみる






つまり簡単に言うと、3次元技術やICTなどの先端技術を土木・建設に活用して、生産性をあげることにより、土木・建設業を魅力あるものにしよう!という取組のようです。

その中で、ドローンは3次元技術に重要でホットなアイテムとして位置づけられている模様。ドローンで上空から撮影した画像をもとに3Dデータを作成するStructure from Motion(SFM)という技術の発展により、簡単に安価に3Dデータを作成できるようになりました。それを土木・建設に活用しようというわけです。

どの機種を買えばいいのか?


ざっくりですが、どうして土木・建設にドローンが必要なのかってことがわかりました。それを踏まえて、ドローンの購入の検討をしなければいけません。さてはて、どの機種を買えばいいんだろう…

コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

新入社員のパソコンは新品がいいのか?