社内SE求人への応募書類で気を付けること


社内SEの応募書類で気を付けること

企業にエントリーして最初に求められるのが書類です。まず書類選考を通過しなければ、面接すらしてもらえません。書類選考で落とされるのは残念ですし、時間のロスですので避けたいところです。




社内SEの応募書類といっても、通常のSIerに提出する書類となんら変わりません。履歴書と職務経歴書というのがほとんどです。予断ですが、書類選考時に「履歴書を送付してください」と指示された場合でも、職務経歴書を添付したほうがいいと私は思っています。

手書きの履歴書と違い、職務経歴書は印刷すればいいだけですし、手間はかかりません。履歴書では技術面に関するアピールがしにくいので、職務経歴書を付与するほうが有利だと思います。指示されていないものを送ることのリスクについては、それほどないと思います。すくなくとも私は、「なんで職務経歴書も送ってきたの?」と指摘されたことはありません。

履歴書は、確実に間違いなく記載すればいいのですが、職務経歴書は工夫が必要だと思います。SIerの転職時、職務経歴書には、プロジェクトの規模・技術要件・役割・期間などを時系列で記載すると思います。社内SE用の応募書類でも、その形式でかまわないと思いますが、さらに追加しなければいけないことがあります。

大事なことはITによって何を実現したか

社内SEの応募書類でアピールしなければならないことは、「ITによって何を実現したか」という点です。「どのような」または「どうやって」システムを構築したかが重視されるSIerのSEに比べ、社内SEはそのシステムをもってどんなメリットをもたらしたかが重要視されるのです。

このような視点はシステムエンジニアである以上、必ずもっていなければならないものですが、システムの企画・運用に携わる社内SEには必須の視点といえます。どんな高度な技術や手法をもって構築したシステムでも、コストパフォーマンスが悪かったり、利用されないシステムでは評価されないからです。

ですから、「100人単位のプロジェクトに携わった」・「最新の技術でシステム構築した」というのも大事なことですが、「自分が企画したシステムが、会社の○○な点に貢献した」ということがアピールになると思います。

コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

新入社員のパソコンは新品がいいのか?