受託型システムエンジニア(SIer)から社内SEへの転職(3)



脱SEをめざし一回目の転職に踏み切りましたが、なかなかうまくはいきませんでした。そこで、SEという職種は変えないで、就職する会社の業種を変えようと考えました。

1社目はいわゆる「システムインテグレーター」でしたから、それとは違う業種の会社ならば職場環境が変わるのではないかと思ったのです。




社内SEとは


この頃から、転職サイトの職業欄に社内SEという分野ができたように感じます。社内SEというのは、非システムインテグレーター企業内で働くシステムエンジニアのことをいいます。通常、システムエンジニアというと、勤務する会社がシステムを受注するSIという業種ではたらいているエンジニアのことをいいますが、社内SEはシステムを受注する側ではなく、発注側の企業に勤めるというわけです。

社内SEっていいじゃん


1社目の会社でSEをしているときに思ったのが、「お客さん側のSEっていいなあ」ということでした。私の場合、勤める会社がシステムを受注すると、お客様の会社に常駐しながら開発を進めるということがほとんどでした。

そのときに打ち合わせをするわけですが、そのときにお客様側のエンジニアの方が楽そうだなと思ったのです(笑)。こういっては何ですが、それほど技術も知識もないお客様側のSEの方が”偉そう”なのです(笑)。あるのはその会社の業務についての知識だけ。そんなの長く働いていれば詳しくなのは当たり前じゃないですか。

また、働く場所が変わらないのはいいなあと思ったのです。それまで自分は、年や月単位で職場が変わっていたので本当にそれは魅力的に見えました。

受注型SEの大変さ


SIではたらくSEの場合、ある一カ所でずっと働き続けるというのは難しいです。あるシステムの開発が始まったら次の場所・またほかの場所というふうに、つぎつぎと勤務場所が変わってしまうのです。

もちろん引っ越し・通勤の大変さもありますが、一番大変なのが「人間関係」を一から作らないといけないこと、「業務知識」を一から学ばないといけないことでした。

もちろん、普遍的なビジネスの基本や業界知識などはあるのですが、やはり会社にはその会社独自のルールや癖などがあるものです。それを覚えてはまた新しいことを覚えるの連続なのです。性格にもよると思うのですが、なかなかこれがストレスになるのです。

いま思い返してみると、そのころ学んだ知識や経験というのは今でも役に立っているのですが、そのころはそれがイヤでたまりませんでした。せっかく会社になれてきた頃に違う職場に行かなければならないのですから。

そんな訳で、社内SEを目指すことにしました。

コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

社内SEになって後悔しがちな3つのこと