Windows7 Pro LAN内でのフォルダ共有ができない場合の設定



LAN内でWindows7 Proにあるフォルダを、社内で共有するときのメモです。





社員AのPC(Windosw7 Pro)のフォルダを、社内LANで共有したいとのこと。

まず、社員AのPCで該当のフォルダを共有設定

  • 該当フォルダで、右クリック→プロパティ
  • 共有タブで、共有ボタン
  • 「共有する相手を選んでください」画面で、Everyoneを選択し→追加
  • アクセス許可のレベルを、読み取り/書き取りに変更
  • 共有ボタン押下
あれ?これで共有ってできるんだっけ?と思っていたが、案の定これだけでは共有できませんでした。 共有するには、ユーザーが必要です。 社員Aが利用しているユーザー&IDではいろいろと不都合がありそうなので、新しくユーザーを作ります。

ユーザーアカウントの追加

  • コントロールパネル→ユーザーアカウントと家族のための安全設定→ユーザーアカウントの追加または削除
  • 新しいアカウントの作成
  • 新しいアカウント名を入力し、標準ユーザーでアカウントを作成
これで、新しいアカウントが作成されました。 あとは、このユーザーで共有フォルダへのアクセス許可を与えます。 設定方法は、上記で作成したユーザーを指定します。 パスワードとかを入力するのが面倒ということなので、 Guestアカウントで共有することになりました。 上記「新しいアカウントの作成」でGuestアカウントを有効にする。 これでいけるかなと思っていたら、「ログオン失敗:ユーザーアカウントの制限」とかいうエラーが出ました。 いろいろ調べて、以下の設定をしました。

ローカルセキュリティポリシーの変更

  • コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール
  • ローカルセキュリティポリシー
  • ローカルポリシー→ユーザー権利の割り当て
  • ネットワーク経由のアクセスを拒否
  • Guestアカウントをリストから削除
これで、ネットワーク経由からGuestアカウントでログオンできるようになります。 デフォルトでは、Guestアカウントはネットワーク経由でのログオンを許可していないのですね。 ということは、あまり推奨されない設定なのかな…

コメント

このブログの人気の投稿

SEから経理へ転職できるのか?

社内SEになって後悔しがちな3つのこと